部屋の整理をしていたら、古いカセットテープが出てきた。ナンだろ?と再生してみたら、友人がダビングしてくれた『Niagara Triangle vol.1』だった。

ナツカシイなぁ、と、ダビングしてくれた友達とよくつるんでいた頃のことを思い出しながら、繰り返し聴いているうちに、どーしてもCDが欲しくなってしまい、注文した。

"忘れよう? 昔のことは/もう 思い出したくない?♪"
(track-6:「幸せにさよなら」)

なんてフレイズを口ずさみながら、忘れたくても忘れられない思い出や、忘れたくない思い出を、そっと取り出して、埃をはらってみると、なんだか遠いところへ来てしまったような頼りない思いと、それと矛盾するような、やっとあの頃から遠ざかれたという安心感とが、胸を満たして、複雑な気分になる。


それにしても、山下達郎のtrack-1:「ドリーミング・デイ」、track-2:「パレード」は圧巻。スバラしすぎる。ってか、どれも名曲なんだけど、track-14:「ナイアガラ音頭(シングル・バージョン)」の"オンドッ オンドッ"というコーラスが耳から離れない。


こりゃあ『LET'S ONDO AGAIN』も買うっきゃないかな?。

see:http://www.t3.rim.or.jp/~t_abe/niagara/album/triangle1.html