というわけで、早速買ってしまいました(^^;

しかしながら。。うーん、このアルバムは、こちらの期待値が高すぎたのか、◎とは言えないなぁ。。。

永遠の名曲track-1:「夢で逢えたら」は、ゾクゾクするほど感動的なのですが、後ろへ行けば行くほど、ゾクゾク感がしぼんでしまう。。。

まぁ、沢田研二が歌うtrack-6:「あの娘に御用心」、ムッシュかまやつのtrack-7:「お先にどうぞ」の2曲が個人的にはヒロイモノでしたが。。


逆に、期待していたtrack-13:「冬のリヴィエラ」track-14:「熱き心に」あたり、ちょっとガッカリ、だったかなぁ。

まぁ、オーラスのtrack-17:「イエロー・サブマリン音頭」で、大団円を迎えるわけで、大滝音頭ファンとしては、それだけで満足と言えなくもないんだけど。


see:http://www.t3.rim.or.jp/~t_abe/niagara/album/e_sbook2.html