ジャーナリストの本田靖春さんがなくなった。
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20041207000272

今、勝谷誠彦さんの日記で知ったところ。お体の調子を崩されているとは聞いていたので、驚きは少ないが。。。

学生時代に読んだ、「不当逮捕」「新聞記者の詩」という本が強く印象に残っている。

前者は読売新聞記者時代に先輩記者が不当逮捕されたことを取り上げ、警察と、読売新聞上層部を強く批判する名著。

後者は同じく読売新聞(ただし大阪)の先輩である黒田清さんが、大阪読売社会部キャップ時代の活躍を紹介したもの。読み直すたびに涙がこぼれる名著。これを読んで大学3年の僕は、黒田清さん主催のマスコミ研究セミナーに参加して、黒田さんや大谷さんの謦咳に触れた。セミナー後の飲み会で、黒田さんをいろいろと質問攻めにした。「しつこいやっちゃな」と苦笑されながらも丁寧に答えてくれた黒田さんの柔和な笑顔は今でもボクの大切な記憶だ。

読売出身ながら、強く読売を批判し続けたリベラルな言論人でした。ご冥福をお祈りいたします。